フラット35って使った方がいいの?

フラット35ってなに?

フラット35とは「民間銀行では難しい長期の固定金利での住宅ローン」を民間銀行と住宅支援機構が共同ですることによって「最長35年の長期の固定金利住宅ローンの提供」を可能にしたものです。住宅支援機構は独立行政法人ですが、国の機関ようなもの。つまり国が間に入ってリスクをとってくれる仕組みです。様々な事情で住宅ローンを借り入れたいのに、借入れできない方の強い味方です。ただし、変動金利での住宅ローンに比べると当然金利は高くなります。ですが、返済額が変わらないため毎月の返済金額を気にすることなく安心して利用することができます。住宅ローンにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、よく考えて利用したいものです。

フラット35のメリットは?

長期の固定金利で借り入れをするということは、ずっと同じ金利で借り入れできるということです。世の中の事情が変わり、市場の金利が上がったとしても、変動金利のように、ローンの金利が上がるということがないのです。つまり安定しているということですね。ただ、その逆もあります。市場金利が下がったとしても、ローンの金利が下がることはありません。しかし、近頃では、民間銀行の長期固定住宅ローンも充実してきているのでフラット35だけがいいともいえません。一番のメリットは審査が民間の銀行ローンの借り入れよりも比較的通りやすいことでしょう。例えば、契約社員の方や健康に不安があって銀行ローンは借りられないという方に向いているシステムですね。