利用前に何をしておけばいい?

複数の金融機関にシミュレーションを依頼しよう

住宅ローンを利用する判断は人生の中でも非常に重要です。正しい判断をすることができれば返済をしながら充実した人生を送ることができます。
一方で判断を誤ってしまうと返済が負担に感じる生活になってしまうので、まずは利用前に複数の金融機関に住宅ローンのシミュレーションを依頼することが大事です。すると、仮に利用した場合はどのように返済していくことになるのかがわかるようになります。
シミュレーションなので実際に借入する場合の内容と多少は異なる点はありますが、大きく異なるようなことはないです。単純に金利の低さや返済金額の少なさを重視しても良いですが、知名度や支店数、取引の数なども含めて選んだ方が満足できるでしょう。

借入する時期を慎重に判断する

住宅ローンの利用を検討しているなら、借入する時期を慎重に判断しましょう。マイホームの購入は大きな夢なので、少しでも早く実現させたいと考えるのは当然です。しかし、借入する時期を誤ってしまった場合、返済金額が大きくなってしまう可能性があります。 たとえば、好景気の時は預金の金利だけではなく、ローンの金利も高くなります。この時期を選ぶくらいなら景気が落ち着いた時まで待った方が金利は下がっている分、返済金額は少なくなります。 少しの金利差でも借入金額と返済期間次第で大きな差となります。低い方が負担が少なくなるので家計に負担はかかりません。好景気の時に住宅ローンを組みたい場合は、固定金利よりも変動金利をおすすめします。